塗装工事

■ 外壁塗装の役割とは?

「外壁を塗り替えて美しく見せる」だけが、外壁塗装の役割だと思っていませんか?
実は塗装工事の本来の目的は、雨や紫外線からお住まいを守ること。
塗膜で外壁表面をコーティングすることで、外壁に水が染み込んだり、紫外線のダメージで劣化するのを防いでいます。

塗り替えサイクルは、立地環境や塗料の種類、外壁材によっても異なりますが、10年程といわれています。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁材の劣化を早めたり、最悪の場合雨漏りにつながってしまうこともありますので、ご注意ください。

■ サビや色あせが目立ってきたら、屋根塗装を

私たちに見えないところで、日々ダメージにさらされているのがお住まいの屋根。
雨や日差しを直接受ける分、塗装の効果が切れてしまえば、劣化はあっという間に進行します。

たった数年で屋根材の反りやめくれ、ひび割れが発生することもあるので、要注意!
ご自身で点検されるのが難しい場所なので、外壁にひび割れや塗膜の剥がれが見られるようになれば、一度点検をご依頼ください。
屋根塗装も外壁塗装も、足場を組んでおこなう必要があるため、一度に塗替えされるのがオススメです。

一覧ページに戻る